Sponsored Link

草花栽培 園芸学とは

園芸学とは、園芸作物の栽培方法や育種や施設の利用方法といった周辺知識についても学ぶものです。それらを園芸学と称します。ですから草花栽培園芸学は、草花の栽培に特化した園芸学となります。一般家庭にも園芸学は浸透しつつあります。ご存知の通りガーデニングですね。自分の家の庭やマンションのベランダなどに美しい花を咲かせる、実をならせるといったガーデニングも園芸学と言えます。

草花栽培別 園芸学の基礎知識

草花栽培園芸学の基礎知識:花栽培編

花選び

ガーデニングを始めたばかりの人が迷うのは、どんな花を植えたらよいのかということ。一番よいのは、自分の気に入った花を植えることなのですが、最初から育てるのが難しい花にチャレンジしても、枯らしてしまうということになりかねません。ですので、初心者の方は、まず草花栽培 園芸学に関する書籍に目を通したり、園芸店などに相談しながら、育てやすい花を選んで植えるのがよいでしょう。次に気をつけなければならないのは、花の栽培を行なう場所に合った花を植えること。花にはそれぞれ性質があります。日当たりを好む花もあれば、直射日光に当たると弱ってしまう花もあります。また寒さに強い花もあれば、寒さに当たると枯れてしまう花もあります。花の栽培を行なう場所の日当たりや、その地域の気候に合わせた花を選ぶのが、失敗しないコツであるといえます。

花栽培成功のポイント

花栽培できれいな花を楽しむためには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。花栽培の成功のポイントについて草花栽培園芸学をベースに考えて行きましょう。まず第一に土選び。土は市販の園芸用土のような、水はけがよいものを選びます。花栽培における第2のポイントは、水やり。基本は、土が乾燥してから水やりをするということ。水をやりすぎると、土の中が酸欠状態になり、根腐れを起こしてしまうことがあります。花ガーデニングの第3のポイントは、花選び。花栽培用の花は、庭の広さや、その地域の気候、花を植える場所の日当たりなどによってセレクトします。また、開花シーズンの違う花を取り混ぜて植えておけば、季節を通して花を楽しむことができます。背丈の違う花をうまく組み合わせて植えることで、庭に立体感を演出することもできます。

草花栽培園芸学の基礎知識:ベランダ栽培編

ベランダ栽培のポイント

ベランダ・ガーデニングという言葉が、近年よく使われるようになってきましたが、ベランダ・ガーデニングとは、マンションのベランダのような狭い空間で草花栽培を楽しむことです。空間を有効活用するコツは立体的に植物を配置すること。そのため、ベランダ・ガーデニングではフラワースタンドやハンギングバスケットがよく用いられます。また、コンクリートのベランダは、夏は表面が焼けるように熱くなります。ですので、ベランダ・ガーデニングを行なう際は、あらかじめウッドデッキなどを敷いて、植木鉢やプランターが直接コンクリートに当たらないようにします。あたたかな質感を持つウッドデッキは、コンクリートの無機質なイメージをやわらげてくれるのにも役立ちます。次に植物のセレクトですが、ここで気をつけなければならないのは、ベランダとは完全な日陰庭であるということ。それゆえ、日照条件が悪くても比較的育ちやすい植物を選択することが大切です。

ベランダ栽培の注意点

ベランダで草花栽培を行なう際に注意しなければならないことがあります。それは、“隣近所の迷惑になるようなことをしない”ということ。まず、注意しなければならないのが、避難経路をふさがないということです。ベランダは万一の時の避難経路にもなっていますから、隣の部屋のベランダとの境(緊急時に破れるようになっている部分)を、植木鉢やガーデニング用品などでふさいでしまったりするのは厳禁です。避難用ハッチの上にものを置いたりしてもいけません。また、ベランダ・ガーデニングでは、植木鉢などが階下に落下したりしないよう、置き方に注意しましょう。強風や何かのショックで物が落下した場合、人身事故につながる恐れもあります。水やりの時も、階下に水が落ちないよう、注意しながら水をまくか、あるいはあらかじめ水がベランダの外に飛ばないようにする工夫などが必要です。 こういった基本的な注意点を守って、ベランダ・ガーデニングを楽しんでいきましょう。ベランダという特別な場所での草花栽培に関しては、ベランダ草花栽培用の園芸学等の書籍が出ておりますので参考にされると良いです。

草花栽培園芸学の基礎知識:害虫対策編

害虫対策ポイント

草花栽培を楽しむ際、虫対策には悩まされるもの。草花栽培で防虫を行なう場合には、殺虫剤や忌避剤を使います。 殺虫剤は、直接虫に噴霧するものや、地面にまいておくと植物が薬剤を吸収し、その葉を食べた虫が死ぬというもの、殺虫剤入りのエサを虫に食べさせるものなど様々なタイプのものがあります。殺虫剤は即効性があり、防虫効果も長く持続するという特徴があります。しかし、殺虫剤には人体にも有害な成分が多く含まれており、噴霧することで多少なりともその成分を吸い込んでしまうので注意が必要です。特にベランダのように狭い場所で草花栽培を行なっている場合、そこで殺虫剤を散布すると、大量に散布した殺虫剤を吸込んでしまうと言う危険があります。また、家庭菜園などに散布した場合、せっかく作った野菜に有害な殺虫剤が残留してしまう。ということにもなりかねません。この有害な殺虫剤の代わりとして近年注目されているものに、虫などを寄せ付けなくする“忌避剤”があります。特に最近、草花栽培ではこの忌避剤として木酢液などがよく用いられます。木酢液には殺虫剤のような人体に有害な成分もなく、また土中の有用微生物が活発に働くようになるなど、防虫のみならず植物の生育にもよいと言われているのでお薦めです。

害虫対策注意点

草花栽培の防虫対策として、最もよく用いられているのが殺虫剤です。 しかし、上記の「害虫対策ポイント」でも指摘しました通り、殺虫剤は毒性が非常に高く、誤って大量に吸い込んでしまった場合には中毒症状を起こす可能性があるばかりか、強い発ガン性や催奇形性を有する物質を含んでいるものが少なくなく、少しずつでも体に蓄積された場合、深刻な病の原因にもなりかねません。また、殺虫剤は有用な土壌細菌まで殺してしまうため、植物の生育にもマイナスです。そこで、草花栽培においては、防虫対策として殺虫剤を用いるのではなく、「虫を寄せ付けない工夫」が必要となります。例えば草花栽培でよく用いられる木酢液には、虫を寄せ付けない効果があります。また、アブラムシなどは“光るもの”を嫌うため、アルミホイルやCDの裏のようなキラキラ光るものを植物のそばに置いておくと、寄ってきません。草花栽培において、どうしても殺虫剤を使う場合は、人体に害の少ない天然成分の殺虫剤を利用するようにしましょう。

草花栽培 園芸学@コンテンツ

花栽培@園芸学(200)


ベランダ栽培@園芸学(110)


芝栽培@園芸学(104)


野菜栽培@園芸学(200)


トマト栽培(35)


ブルーベリー栽培(8)


すいか栽培(6)


かぼちゃ栽培(4)


きゅうり栽培(8)


ぶどう栽培(16)


ナチュラル@園芸学(29)


人気の野菜・果物栽培一覧

トマト栽培、ミニトマト栽培、ブルーベリー栽培、スイカ栽培、ゴーヤー栽培、メロン栽培、かぼちゃ栽培、きゅうり栽培、ぶどう栽培、大豆栽培、とうもろこし栽培、いちご栽培、じゃがいも栽培、枝豆栽培、なす栽培、オクラ栽培、にんにく栽培、みょうが栽培、いちじく栽培、ハバネロ栽培、桃栽培、モロヘイヤ栽培、ヤーコン栽培、ハーブ栽培、アスパラ栽培、イチジク栽培、ヘチマ栽培

広がる園芸の世界

ガーデニング言っても、庭ガーデニングなどを対象としていたり、ベランダのガーデニングなどもあります。園芸方法を勉強するには、園芸学を学ぶ事も大事だと思いますが、園芸関連雑誌や園芸に関する書籍もたくさん出ておりますので、さほど困る事は無いでしょう。更に本格的に園芸学を学びたい方は、園芸専門学校などもあるようなので調べてみてはいかがでしょう?園芸関連の展示会で、国際園芸技術展が開かれているようです。また、園芸学会なども行なわれており、学問としても発展を遂げているようです。またエクステリアプランナーという職業もあると聞きます。
ガーデニング雑貨、園芸用品やガーデニンググッズなどは、ホームセンターに十分取り揃っておりますので必要な園芸用品があれば出向いてみましょう。赤レンガ、園芸ネット、花壇、エクステリアライト、害虫対策品等などガーデニングに必要な園芸用品が揃ってます。ベランダのウッドデッキに置くようなプランターも種類が豊富ですね。欲しい園芸用品が見つからない場合や園芸について不明な点があれば、園芸を担当してる担当者に気軽に相談してみましょう。

copyright © 2006 草花栽培 園芸学@園芸ナビ All Rights Reseved